千葉の栄町デリヘルでお店選びは妥協したら駄目ですよ

千葉の栄町では数あるデリヘル店のなかから、自分好みのお店を見つけるためには、よくよく吟味しなければなりません

*

栄町のデリヘルはいま戦国時代

デリヘルという風俗に行くようになって、かれこれ10年近くなるだろう。最近のお店の増えかたには驚いてしまう、逆に言えば消えていってしまうお店も多いので、トータルで見るとバランスは取れているのだろうけど、栄町のデリヘルでも過当競争という状況にあるのは間違いないと思う。
もともと歓楽街として関東圏でもかなり有名ではあったエリアですが、最近は人の目を気にせずに利用することができる派遣型の人気があるということも店舗同士の熱をさらに加速させている要因となっていると思う。

しかし、サイトを眺めていたり、実際に遊びに行った経験などから考えると同一店で複数の店舗を経営しているところが多数あるようです。同じ女の子を複数の店舗にまたいで在籍女性として載せていたり、違うジャンルのお店として運営していたりとその手法は様々だ。聞いた話しだが、働く女の子を集める為であったり、より効果的に集客する為の手法として、最近多く行われているようだ。もちろんすべての店においてというわけではないが、ネットサーフィンをしていて「あれ、この子さっきも見たような気がする」ということは気のせいではないようです。

女の子を集めるための求人用に『脱がない舐めない触らない』など俗に言う『3ない』のソフトサービスのお店を作り、経験の浅い子や未経験の子、そこまで高収入を求めない子などを取り込み、よりハードなサービスを提供するお店に誘導するという手法である。女性目線からも敷居が低い分だけこれくらいならやってみようかなという求人の効果が上がるという訳だ。どこのお店でも女の子が不足していることを考えると上手い方法だと思う。

集客という面でも、一部のヘビーユーザー以外には同じお店だということが判らないことが多いようで、一店舗よりも二店舗、さらに三店舗とあったほうがお客は集まりやすい。女の子は同じなので、ほかに必要なものといえばホームページと電話だけで、費用はかなり少なくて済む。経営戦略としてみると最初に考えた人は凄いと感心させられるほどです。

栄町のデリヘルでもでも競争が激しくなって、より経営を安定、発展させたいということから始まった手法だと思うが、情報サイトや求人サイトなどへの広告料を考えても、体力があるところしか出来ない手法ではあると思う。そこがいいお店だといいのだが・・・。
お店同士が切磋琢磨してくれれば、お店の質と女の子のサービスの質が向上する、という流れになれば利用するお客の側からすれば大変有り難いことである。必ずしもそうなっていない点は気になるところではあるが・・・。

なかには同様の内容で料金が違うという所もあるようなので、賢く利用すればお得に遊べるかもしれません。千葉市の激戦区としても有名な栄町ではそれぞれの店独自のサービスや割引内容などで利用者の目をかなり惹き付ける力があるといえます。
毎日のように更新される栄町のデリヘルのお得な情報や割引からは目が離せないといった具合です。場合によってはかなり安価になるようなサービスを打ち出している店舗もあるので、一度見てみると良いかもしれません。
予算の立て直しや相場を知るのにも役立つかもしれませんし、何よりも安く遊べる店の選択肢が増えるということは利用する側としては嬉しいものですからね。

最近は栄町のデリヘル店に限らず、待機所のある場所からかなりの広域な地域に派遣するお店が増えているようです。県をまたいでの派遣なんて事は珍しくもない時代になりました。情報サイトなどをみていると違う地域の固定電話の番号が載っているのを見ることが増えたように思う、お店の数が増えているので交通費を無くしても本数を確保するためにはそのような努力も必要なのでしょう。利用する側としては選択が複数に増えるというのは嬉しいことだと言えるでしょう。
こうしたお店では待機所や事務所付近への派遣は安く済むのですが、交通費と移動時間だけを見てもかなりのロスがあると利用者側は思うようですが、そこがまたうまいところで交通費は値引きしてくれたりプラスでプレイ時間が確保できるといった具合にサービスしてくれるのである。少し安くなるのなら利用しやすくなりますからね、それ以上に魅力的に感じる女性の在籍が多いという事も特徴ではあるのですが。

栄町のデリヘルだけでなくソフトサービスのお店や普通の女の子でも働きやすい店というものが増えてきていることはありがたいことでもあります。エステ業界を夢見て資格までとったのにお給料は思った以上に稼げないなんてことがありますが、そういう子のためにエステ系の店があるわけですね。体を酷使する上にお給料が安い実際のエステティシャンよりも、勤務時間も自由で短時間でもしっかりと稼ぐ事ができるのであれば女の子も生活ができるわけですから。
しかも最近では一般的になった精力が著しく衰えた草食系男子もエロを大前提にしなくても、マッサージの延長線上に性的なサービスがあるのならと軽い気持ちで通い始めるということも時代の流れにあった利用の仕方ではないでしょうか。需要と供給のバランスがしっかりと取れているのですから素晴らしい事ですよね。昭和生まれの自分からすると女性やエロに興味がない男というものはなんとも頼りのない感じがしてしまうのですが(笑)

ちなみに栄町でのスタンダードなデリヘルを利用する場合は、コースの料金が60分13,000円程度で90分になると18,000円ほど。加えてラブホテルの休憩などを利用すればプラスで4?5,000円ほどでしょうか。女の子を写真で指名する場合は大抵1,000円はかかりますがこれをケチると、あとでとんでもない女の子が派遣されると困るのでここは出しておくべきだと思います。フリーですと店のスタッフが売れ残っている女の子の中からテキトーに選んだ子がくるわけですから当然といえばそれまでなのですが。
トータルで20,000?25,000円ほどみていればかなりのレベルの女の子と遊べる相場になっています。あくまでも目安にしてもらえるとぼったくられる事もそうそうありません。デリヘルでは予約の電話の際に総額でいくらになるかを聞く事もできるので、トラブルを防止するためにも聞いておく事をお勧めします。
また、ネットで見た割引やサービスが適応するのかなどもこの時に聞いておくと良いでしょう。オプションでローターやバイブなんていう単語を口にしているのに料金が聞けないなんてはずはありませんからね。

また、電話の際にスタッフの対応が良いか悪いかなども店を見極める際の重要なポイントにもなってくるようです。サービス自体を行うのは女の子ではあるものの、店と客とをつなぐ一番最初の窓口となっているのがこの予約の際の電話です。インターネットに載っている女の子が実際に電話口に出ることはまずありえませんからね、他のスタッフがまず出るというのが流れになります。
飲食店でも予約をしようと電話して、長くコール音を聞かされた後に無愛想なスタッフが出て不愉快な対応を取られるとその店自体の印象が悪くなるのは当たり前の話。きっと飯も不味いんじゃないかということすら考えてしまいますよね。
そんな店の印象を決めるともいえる電話対応が無愛想で不親切、質問にも適切なアドバイスや説明がないといった場合にはその店自体を疑うようにすると良いかもしれません。
ファンの皆様はぜひ快適なフーゾクライフを送ってください。

公開日:
最終更新日:2016/11/12